株式会社アドバ採用サイト株式会社アドバ
[ 採用サイト ]

募集要項

person

人を知る

ワーキングママ

誰もが生き生きと働くことのできる会社

2014年入社 新規事業開発室

三島 悠

ワーキングママ

入社のきっかけ

2014年に中途入社しました。その後結婚・出産し、幼い息子を育てながら働いています。新卒入社だった前職は休みが少なく、残業も多め。当時、結婚や出産をしても働き続けたいと考えていた私は、転職エージェントに登録しました。そこで紹介されたのが、アドバだったんです。

「ワーキングママは特別扱いではなく、(性別に関係なく)やる気と能力に応じたチャンスを与えるもの」という考え方に惹かれ、入社を決意。実際、妊娠中はもちろん、産休・育休を経た今も当時と同じように働けています。とはいえ、会社もまわりの仲間たちもたくさんの配慮をしてくれているはず。感謝の気持ちを忘れず、自分らしく働きながら恩返しをしていくつもりです。

仕事内容

産休に入るまで担当していたのは、主に求人事業のサポート業務。しかし復帰のタイミングで、ちょうど新規事業を立ち上げる話が挙がっていたんです。「もっとスキルや実績を積んで成長したい!」と考え始めていたことや、働きやすい環境を用意してもらっていたこともあり、私は迷わずそこへ立候補。

私が就いたのは、新規事業開発室の統括スタッフという難しそうな名前のポジション。アドバの将来のため、求人以外にも事業領域を広げていく仕事です。今までのように決まった枠組みの中で行う業務というより、新しいサービスや仕組みをイチから整えていくことがミッション。変化の先頭に立つ気持ちで、日々、新しい知識や経験を楽しんでいます。

 

仕事のやりがい

時短に加え残業ができない働き方や子どもに何かあった時の配慮など、ワーキングママとして働きやすい環境を整えてもらっています。だからこそ、以前と比べて相当シビアに時間と効率を意識するようになりました。

同僚は「全然気にしていないよ」と言ってくれてはいるものの、私が生き生きと働けているのはみんなの協力があってこそ。それだけに、子育てと仕事の両方をしっかりこなすことで恩返ししたいですし、ワーキングママが誰にとっても自然な存在であるという、良い事例になりたい、と思うのです。そのためにも、まずは新規事業開発室から一つでも多くの新事業を軌道に乗せ、アドバを大きくしていきたいですね!

 

プライベート

自分で言うのは恥ずかしいのですが、会社の仲間だけでなく、家族にも恵まれているという自覚はあります。夫は、「時短とはいえ平日は仕事と子育てで絶対に忙しいはず!」と言って週末の家事や育児を積極的にやってくれたり、「日曜日は自由に予定を入れて良いからね!」と言ってくれています。

そして子どもも4歳になったばかりでかわいい盛り。基本的には家族で過ごすことが多く、最近は近所の公園で三輪車の練習をするのがブームです。家族の存在は、ワーキングママとして働く私にとって最高の息抜き。むしろ会社の仕事の方が、家事や育児の息抜きになっているような気もしますけどね(笑)

一覧に戻る

RECRUITMENT

募集要項