株式会社アドバ採用サイト株式会社アドバ
[ 採用サイト ]

募集要項

person

人を知る

運用

多様なキャリアとチャンスが手に入る場所

2016年新卒入社 運用コンサルティング部

西山 侑里

運用

入社のきっかけ

私は入社後、求人広告の営業として配属されました。入社の決め手はいくつかありますが、一番印象に残っているのは最終面接です。他にも何社か最終面接まで進んでいたのですが、どこも形式的な意思確認がほとんど。そんな中、アドバでは「自分が1時間語れるテーマがあるか」という質問を投げかけられました。

真面目な回答が続く中、私は当時ハマっていた音楽グループについて回答。社長が興味を持ってくださり、面接と思えないぐらい盛り上がったんです。就活で最後まで自分らしさを出せた会社はアドバだけ。ここでなら自分らしく働くことができるに違いないと思い、入社を決意しました。

仕事の内容

営業としてお客様に向き合い、営業リーダーに昇格し、気づけば年目。自分の中で新しい道に進んでみたい、という想いが強くなっていました。もともとクリエイティブな仕事に携わりたくて求人広告業界を選んだこともあり、もっとお客様に寄り添った広告提案をしたかったんです。 

その想いを上司にぶつけたところ、別事業部であるWEB事業部で運用業務にチャレンジしてみないかと、新しいポジションを用意してくれました。 

アドバは求人広告だけでなく、Webや集客など幅広い事業を行っているため、入社後もキャリアの選択が幅広く、自ら手を挙げた社員には実績を見て、前向きにチャレンジさせてくれる風土があるんです。

 

やりがい

現在の仕事はコンサルティングに近い業務。営業がIndeedの求人広告を受注したら、お客様と打合せをして原稿作成、掲載スタート、その後の採用状況の共有や新しい提案まで行います。中でも私のミッションは、営業が受注したお客様の採用を成功させ、リピートに繋げること。広告費を増額していただけるよう、信頼関係を築いていくことも重要です。 

印象的な案件のひとつが、異動して初めて担当した『児童指導員』の募集。福祉業界は常に採用が厳しく、最初はお客様もそっけなかったのですが、とことんお客様と向き合い、提案を続けました。次第に応募の連絡を入れるたびに喜んでくれるようになり、無事に採用に繋がったときは嬉しかったですね。

プライベートの過ごし方

アドバで忘れてはいけないのが同僚の存在です。仕事帰りご飯を食べに行くのはもちろん、休みの日にテーマパークに行ったり、泊りがけで遊びに行くこともあるほど仲良し。同期メンバーとの、ちょっとした愚痴も言い合える関係に助けられたことがたくさんあります。 

同時に、自分のプライベートも大切しています。最近自転車を購入したので、休みの日はサイクリングやハイキングなどアウトドアを楽しむことが増えました。他にも、ゲームが大好きなので、平日は帰宅してご飯を食べたあとは、スマホやタブレットで動画を見てダラダラする時間も欠かせません。私にとってアドバは、仕事でもプライベートでも自然体で過ごせる場所ですね。

一覧に戻る

RECRUITMENT

募集要項