PHILOSOPHY

PHILOSOPHY

アドバが“大切にしていること”

働くことは生きること

人が働くということにはいろいろな意味があります。
生活のため、家族のため、自分の成長のため、自己満足のため・・・。人によって違いますし、同じ人でもその時の状況によって違うかもしれません。でもどんな人でも、どんな状況でも、働くということにはたくさんの喜怒哀楽と成長感があります。

人が「喜び」や「悲しみ」や「楽しさ」や「苦しさ」を日々感じながら成長していく、それは「生きる」ということそのものです。

「働く」という意味を身体の真正面で受け止め、「働く」ということに何の気負いも衒いもなく全力投球できる人、そんな人たちこそがきっと「働くこと」「生きること」を前向きに捉え、活き活きとした人生を送っていけるのだと思います。

アドバはそんな「働く」ということを応援していける会社でありたいと思っています。

一人でも多くの人が少しでも幸せに働ける社会を、共に創る

アドバの事業理念です。

経営は「人・物・金」といわれます。「物」は事業そのもの、「金」はそのための資金、そして「人」は事業活動を支える人と組織です。

その企業がどんな事業を営むかということはとても大事なことですが、それと同じくらい、どんな事業をやるにしても、その企業の人と組織が健康で活力に溢れていることが大事です。

どんな人を採用するか? どんな組織をつくるか? どんな教育をしていくか?
仕組みは? 制度は? コミュニケーションは?
競争力は? 事業展開は? 次世代は?

その企業で働く人の少しでも多くの人が、幸せに活き活きと働くこと。それこそが、その企業の成長と社会の発展に繋がると思っています。

愛と正義と光

アドバの社訓です。

愛も正義も概念的なものですし、人によって捉え方も違うかもしれません。
でも人が生きていく上で、あるいは企業が事業を営んでいく上で、一番大切にするべきものが愛と正義なのだと思っています。今、多くの人や企業や社会が病んでいるのは、この愛や正義が少なくなっているからかもしれません。

こんな時代にこそ、そんなクサイ言葉を堂々と言える人と企業でありたい、そして裏表のない、正しく光のもとを歩める自分達でありたい、そんな思いと願いを込めた社訓です。

いつまでも、胸を張って、大きな声で言えるアドバであり続けたいと願っています。

夢とチャンス

アドバの企業方針です。

アドバは人が活き活きと働くことを応援しています。
働くことは生きることであり、活き活きと働くことは活き活きと生きることだと思うからです。

アドバの財産はそんな「人」であり、アドバの競争力は「モチベーション」です。
そしてそのモチベーションの源泉は「成長感」だと思っています。

この「成長感」を大事にしたいからこその、夢とチャンスの企業方針です。

アドバとしての夢、個々人としてのそれぞれの夢をしっかりと持ち、その夢に近づくチャンスを自ら掴みとり成長の機会とする。

そんな夢とチャンスの溢れた会社でありたいと思っています。